皮脂欠乏性皮膚炎・皮脂欠乏症湿疹

冬期の寒い時期や乾燥した時期になると、体が痒くなることが多くなります。特に高齢者の場合は、痒みが強いことから皮膚科を受診する人が多いようです。
高齢者以外でも発症する可能性はありますが、高齢者に症状が出ることが多いので老人性皮脂欠乏症湿疹、また冬期に多いことから冬期湿疹とも言われるのが、皮脂欠乏症皮膚炎・皮脂欠乏症湿疹なのです。

皮脂欠乏症皮膚炎・皮脂欠乏症湿疹の症状

症状としては、段階的に進行する特徴がありまして、いつのまにか重度化してしまうということが多いので、早めの対処、治療が不可欠です。

症状は全身に発症する可能性がありますが、特に脛(すね)や太股の裏や腰回りのなどの下肢に多く、背中にも発症することが多いようです。

痒み

特に湿疹などの見た目には通常の肌と変化は見られないのですが、強い痒みを伴います。

落屑(らくせつ)

痒みのある部分を掻くことで、肌がポロポロと細かく剥がれ落ちる(落屑)場合には、症状が出ている可能性があります。

湿疹

掻くことで皮膚に傷がついてしまい、その部分が赤みを帯びる紅斑(こうはん)、ブツブツとした湿疹などの症状がでます。

また皮膚面ではなく、皮膚の内側に網目状に見える模様のような症状(皮斑:ひはん)が出る場合もあります。

皮脂欠乏症皮膚炎・皮脂欠乏症湿疹の原因

原因としては病名の通り、皮膚を守るのに必要な皮脂の量が少ないことから、ちょっとした刺激でも痒みが発生することが考えられます。

肌のバリア(皮脂膜)機能低下

また、皮脂と共に皮膚を守るための皮脂膜の成分である水分が足りないことから皮脂膜が薄くなるということも考えられます。

高齢者に症状が発症する人が多いのは、歳をとることで皮脂の分泌量、角質に含まれている水分量が減るからです。

冬に症状がでやすいのは

冬期間に症状が現れるのは、空気が乾燥していることから、肌の水分量の減少が考えられます。

また、近年温度が低下することでも肌のバリア機能が低下してしまい、皮膚に含まれている水分量が減少する可能性も確認されております。

皮脂欠乏症皮膚炎・皮脂欠乏症湿疹の治療

湿疹が発生し、重度化してしまった場合には、ステロイド外用薬を使用する場合があります。
また、痒みが酷い場合には、痒みを抑える抗ヒスタミン薬を内服することもあります。

しかし、症状が出始めた段階で対処することで軽い湿疹などで済む場合も多いので、乾燥肌の人は特に注意するようにしましょう。

皮脂量を減らさない

症状は主に皮脂の少ないとされている、下肢などに発生することが多いようです。
入浴時に石鹸で体を洗うことで、皮脂は減少してしまいますので、入浴時に石鹸で洗う頻度を減らすことをお勧めいたします。

また、体を洗う際にもナイロンタオルにてゴシゴシこすると、皮膚が傷ついてしまい、その傷から湿疹が発症する可能性がありますので、肌を傷つけない柔らかいタオルや、石鹸を手で泡立てて、手で優しく洗うようにしましょう。

水分量を減らさない

空気が乾燥することで、皮膚の水分量も低下します。
冬に備えて秋の段階から保湿剤によるスキンケアを行うことで、水分量低下を防ぎ症状の発症を防ぐことができます。

保湿剤を塗るタイミングとしては、入浴後の肌が完全に乾いていない、しっとりとしている段階が最適です。

また、閉めきった屋内は暖房によりさらに乾燥しますので、加湿器による湿度の保持も効果的です。

加湿器ではなく、部屋の中に濡らしたタオルを掛けておいたり、水を入れた花瓶などでも湿度を上げるのに効果があります。