接触性皮膚炎

漆などにかぶれて湿疹が出たことがある人もいると思いますが、それは接触性皮膚炎・接触皮膚炎とよばれる疾患です。
最近ではかぶれにくい漆があり、漆のお椀などでかぶれる人も少なくなりましたが、漆以外でも接触皮膚炎を発症する危険性のあるものは身近に多数あります。

接触性皮膚炎の症状

接触皮膚炎の症状としては、原因となるものに触れた部分(その周辺)が赤みを帯びる、湿疹が出る、また人によっては水ぶくれ(小水疱:しょうすいほう)ができる場合もあります。

湿疹部分に強い痒みを伴う

患部は強い痒みを伴うことが多く、掻くことで肌が傷つく、また水ぶくれが破れるなどし、その部分がジュクジュクとした状態(湿潤:しつじゅん)になり、さらに痒みが増すという悪循環に陥りやすくなります。

さらに、患部に熱を持つことも多く、それによって痒みを強く感じるということもあります。

接触性皮膚炎の原因

触れることにより症状が発症する接触皮膚炎は、アレルギー障害と思われがちですが、アレルギーとは関係無く発症する場合もあります。

一次刺激性接触皮膚炎

原因とされる物のもつ皮膚に対する毒性の強さや、接触している時間の長さに応じて、皮膚にある角質のバリア機能が破壊されることで湿疹などの症状が出るとされています。

アレルギー反応ではないので、アレルギー体質でない人でも、誰でも症状が出る可能性があります。

弱い刺激でも長期間は注意

刺激の弱いものに少量、短時間接触していたとしても、触れる機会が長期間に渡る場合は、蓄積されてしまい症状が発症する可能性もあります。

アレルギー性接触皮膚炎

アレルゲン(原因とされるもの)が触れることで、免疫機能の抗体反応として炎症を起こし、湿疹などの症状が出ることをアレルギー性接触皮膚炎といいます。

原因特定が難しい

アレルゲンに触れたことで、すぐに症状が出る場合もありますが、症状が出るまでに数時間かかる場合もあり、人によっては2、3日後に湿疹などの症状が発症する場合もあります。

症状が出るまでの時間が長ければ長いほど、他の物に接触する機会も増えるので、原因物質を特定するのが困難になります。

原因とされる主な物質

原因とされる物は多数有りまして、植物(漆、銀杏、桜草、マンゴーなど)や、金属(シルバー、ニッケル、クロムなど)、石鹸やシャンプー、リンス、洗剤などの日常的に使うものから、染髪剤や薬品、灯油などの石油商品など、また治療のための絆創膏やテーピング、塗り薬自体により症状が出る場合もあります。

金属アレルギーは歯科治療に注意

歯科治療に用いる金属(詰め物)により、口内炎が出来る場合や、長期間使用することで、症状が発症する場合などもあります。

金属アレルギーの恐れがあり、原因とされる物に接触していないのに症状が治まらず、歯科治療を行っている人は、医師へ相談するようにしましょう。

原因物質の特定

症状を出さないためには、原因とされる物資に触れないことが一番です。

しかし症状が出るまでに時間がかかり、原因となる物を特定するのが困難な場合もあります。
そのため病院にて原因を特定する為に検査をすることができます。

血液検査にてアレルギー反応を起こす可能性を確認することができますが、完全にアレルゲンを確認するのは血液検査では難しいといえます。

パッチテスト

少量の原因物質を肌に接触させ、時間を掛けて(長い場合では24時間から48時間ほど)症状が出ないか確認することで原因物質を特定する方法をパッチテストと呼びます。

これは病院という安全な環境でのみ行うことができる検査ですので、独自に原因とされる物質に触ってみたりするのは、物によっては危険を伴う場合もありますのでやめましょう。

接触性皮膚炎の治療

軽度の湿疹であれば、患部を石鹸で洗い、原因とされる物に触れないようにすることで、それ以上症状が重度化する可能性は低くなり、何もせずとも2,3週間で症状が治まることが多いようです。

掻くことで重度化

患部は痒みを伴うことが多いので、原因物質に発症後触れなくとも、掻くことで重度化する可能性が高く、早めに湿疹、炎症を抑えることで痒みを軽減させる必要があります。

症状が軽度の場合には、市販薬でも痒みや湿疹を抑えることができます。

重度化する前に医師による診察を受けましょう

掻くことで肌に傷ができてしまった場合や、水ぶくれが多数できている場合などは、市販の薬ではなく、一度皮膚科にて診療してもらうことをお勧めいたします。

ステロイドの外用薬(塗り薬)により炎症を抑え、抗ヒスタミン内服薬により痒みを抑えることで、短期間での完治が期待できます。

早めの診察を心がける

早期の診療を受けることで、非ステロイド系の外用薬での治療を行える場合もありますので、短期間でもステロイドを使用したくない人は、症状が出た場合には早めに病院にて診察を受けるようにしましょう。