日光湿疹・日光皮膚炎

子供は真っ黒に日焼けしている方が健康的だと、一昔前は言われておりました。
しかし、日焼けにより発がん性が高まることから、近年では肌を焼かないようにするのが常識となっております。
日光を浴びることで皮膚に湿疹などの症状が出る病気を日光湿疹・日光皮膚炎といいます。

日光湿疹(日光皮膚炎)の症状

海水浴などで日に焼けると肌が赤くなることがあります。
赤くなるのは肌の炎症反応によるものであり、日光湿疹では赤くなるだけでは済まずに湿疹などの症状が発症します。

様々な湿疹症状

日光にあたった部分の肌が全体的に赤みを帯びる場合や、全体的には赤くならないが赤いポツポツとした湿疹が出る場合、また火傷をおったように肌がつっぱってガサガサになったり、水ぶくれが出るという症状があります。

全身に及ぶ症状

湿疹などの症状の他にも、全身に症状が及ぶ場合もあります。
日光を浴びた部分が熱を持ちむくんでしまい、寒気を伴う発熱症状や、頭痛、吐き気などがあります。

全身に症状が及ぶ場合は、ショック症状によりとても危険な状態になる可能性も考えられます。

日光湿疹(日光皮膚炎)の原因

日光にあたることをきっかけとして発症する日光湿疹ですが、太陽を浴びる以前の体の状態に原因がある場合もあります。

太陽からの紫外線

そもそもの原因である日光には、紫外線が含まれております。
太陽から地上に到達する紫外線としては、UVA(長い波長の紫外線)とUVB(中程度長の波長の紫外線)の2種類に分類されます。

このうちのUVBが日焼け時に肌を赤く炎症反応を起こさせる紫外線とされています。

日光湿疹も日焼けと同様にUVBが主な原因とされておりましたが、近年UVAにも発症の危険性があることが示唆されております。

光線性接触皮膚炎(光接触皮膚炎)

薬を塗ったり、湿布を張っていた部分が太陽光を浴びることで、紅斑、湿疹、水ぶくれなどの症状を発症する可能性があります。

湿布などに含まれているケトプロフェンという成分と紫外線が反応することで発症するとされております。

薬や湿布意外にも、レモンやライム、イチジクなどの果汁や植物に触れた部分、香水などを使用した箇所に、紫外線を浴びることで発症する可能性があります。

薬の服用時も注意

抗がん剤や化膿止め、鎮痛剤などを服用している場合、紫外線による刺激で湿疹などの症状が出る場合があり薬剤性光線過敏症と呼ばれます。

湿布などと同様に発症する可能性は減ってきているそうですが、なんらかの薬を内服してるということは、免疫力が低下している場合が多いので注意が必要です。

日光湿疹(日光皮膚炎)の治療

他の湿疹同様に外用薬での治療が一般的ですが、治療以上に再発させないための予防法が大切になります。

炎症、湿疹を治める

症状が出た場合は、患部を冷やすことで炎症をある程度抑えることができます。

早めに病院で診察を受けることで消炎作用のある非ステロイド系の外用薬での治療が主ですが、重度化している場合にはステロイドにより短期間で炎症、湿疹を抑える必要があります。

炎症箇所が広い場合は注意

日光湿疹の場合、炎症、湿疹が広範囲に渡る場合が多いので、外用薬を大量に使わなければいけない場合があり、ステロイドは特に症状が酷い部分にのみ使うなど、使用方法を医師に相談するようにしましょう。

日焼け止めによる予防

紫外線による症状が発症することから、市販の日焼け止めで予防することができます。
日焼け止めには紫外線を遮る効力などから様々な商品があります。

またせっかく日焼け止めを塗っても、汗などで流れてしまいますので、症状、自分の肌に合う商品を選び、使用方法を守ることが大切です。

紫外線から肌を守る

日焼け止めも完全とは言えませんので、できるだけ肌の露出を控えたり、帽子などで日光にあたる部分を減らすようにしましょう。

外を歩く時に気を付けるのは当たり前ですが、車を運転する際や、部屋の中にいる場合でも、窓からの日差しにより紫外線を受けることがありますので注意するようにしましょう。