乳児湿疹・発疹

生まれたばかり、また生まれて間もない赤ちゃんは免疫力が弱いことから、湿疹や皮膚に炎症を起こすことが多々あります。
赤ちゃんの肌に発生する湿疹などの疾患は多数あり、症状が似ていることから判別が難しく、総称する意味も込めて乳児湿疹と呼ばれることがあります。

乳児湿疹

赤ちゃんの湿疹を総称して乳児湿疹と呼ばれることもありますが、特に生まれて1ヶ月程で症状が出た場合などは、他の疾患であっても判別が困難なことから乳児湿疹と呼ばれます。

肌を清潔に保つ

汗やミルク、またよだれなどに、かぶれることで発症することも考えられますが、そもそも他の疾患の可能性も考えられます。

できるだけよだれやミルク、汗などを拭いてあげることで、かぶれることを予防することはできます。

本当に乳児湿疹なのでしょうか?

自然に治ることが多い乳児湿疹ですが、乳児脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎である可能性や、他の疾患に移行することも多いので注意が必要です。

乳児脂漏性湿疹

皮脂が原因とされる脂漏性皮膚炎は、生まれて1ヶ月から2ヶ月を過ぎた赤ちゃんに発症することも多く、乳児脂漏性湿疹と呼ばれます。

乳児脂漏性湿疹の症状

特に頭部やおでこなどの髪の生え際に湿疹の症状が出ることが多く、白または皮脂を含んだ黄色に近い皮膚がポロポロと剥がれ落ち、湿疹部分にカサブタができるなどの特徴があります。

症状が長期化すると、アトピー性皮膚炎へと移行することが多い疾患です。

乳児脂漏性湿疹の治療

重度化した場合はステロイド外用薬、症状が軽い場合には非ステロイドの亜鉛華軟膏により、湿疹などの症状改善を図ります。

患部を清潔に保つ

汗をかく事で皮脂の分泌量が増えるので、汗をかいたら細目に拭いてあげるのが症状改善に効果的です。

入浴の回数を増やすというのも汗を流すことができ効果的ですが、石鹸などは低刺激の物などを使うようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

乳児のアトピー性皮膚炎は、主にアレルギー性のものが多く、年齢を重ねることで症状が治まり、その後まったく症状がでないまでになることもあります。

しかし、重度化、長期化する可能性もあるのがアトピー性皮膚炎なので、アレルギー検査を行い、アレルゲン特定と共に適切な治療が必要です。

小児科、及び皮膚科の受診をお勧めいたします。

カンジダ性皮膚炎

常在菌として誰の肌にも存在しているカンジダというカビの一種により発症するのがカンジダ性皮膚炎です。

皮膚の抵抗力の弱い赤ちゃんは比較的発症しやすく、体調がすぐれない場合などに発症する確立が高くなります。

カンジダ性皮膚炎の症状

肌が赤くなり、湿疹や水ぶくれなどができます。
便にもカンジダ菌は含まれておりまして、湿気を好むことからお尻に多く発症し、重度化するとオムツで覆われる部分全てに症状が広がることもあります。

オムツかぶれとは違う治療方法

症状、発症する場所が似ていることから、オムツかぶれと間違えることが多いのですが、カンジダ性皮膚炎とオムツかぶれでは治療薬が違いまして、オムツかぶれの薬により症状が悪化する可能性が高くなります。

カンジダ性皮膚炎の治療法としては、肌を乾燥させることが最も効果的で、排泄時にはシャワーなどで清潔に保ち、タオルで優しく乾燥させた後に、抗真菌剤の外用薬を使用することで症状が改善されます。

不安な場合は病院での診察

オムツかぶれとカンジダ性皮膚炎の症状の違いとしては、オムツかぶれではオムツに触れた部分に症状が出ることから、皺(しわ)の溝には症状が出ないという特徴があります。

明らかな症状の違いを確認できない場合は、患部を検査することでカンジダ性皮膚炎であるか確認できますので、医療機関を受診するようにしましょう。

オムツかぶれ

カンジダ性皮膚炎と似たような症状で、湿疹、肌の赤みなどがありますが、重度化すると患部が腫れてくることもあるのがオムツかぶれです。

清潔に保ち症状改善

カンジダ性皮膚炎と同様に排泄の度に患部を清潔に保ち、乾燥させることが一番ですが、患部は刺激に弱くなっておりますので、ゴシゴシこするのではなく、優しく洗ってあげるようにしましょう。

また、石鹸などを頻繁に使用するのも肌に悪い場合がありますので、排泄時の洗浄には石鹸などは使用しないようにしましょう。

重度化でステロイド外用薬

外用薬としては、乳児脂漏性湿疹と同様に、症状が軽い場合は亜鉛華軟膏、症状が酷い場合にはステロイド外用薬が使用される場合もありますので、早めに病院にて診察を受けることをお勧めします。

状況別よくあるトラブルについて、さらに詳しく読みたい