老人性皮脂欠乏性湿疹

秋から冬にかけての空気が乾燥してくる時期になると、皮膚科を訪れる高齢者が増加するそうです。
それは肌の乾燥からくる皮脂欠乏性湿疹であり、高齢者に多いことから老人性皮脂欠乏性湿疹と呼ばれております。 皮脂欠乏性皮膚炎のページでもご紹介いたしましたが、老人性皮脂欠乏症湿疹に至るまでの経過を詳しく確認してみましょう。

老人性乾皮症に要注意

老人性皮脂欠乏症の初期症状として老人性乾皮症があります。
比較的症状の軽い老人性乾皮症の段階で治療を行うことで、老人性皮脂欠乏症湿疹への移行を防ぐことができます。

老人性乾皮症の症状

病名の通り肌が乾燥してしまうのが一番の特徴であり、症状が進むことで皮膚がポロポロと剥がれ落ちる(落屑:らくせつ)症状がみられます。

掻くことで症状が悪化します

特に皮膚に赤み(紅斑:こうはん)などの症状は見られないのですが痒みを伴います。
掻くことで皮膚がさらに剥がれ落ち、掻いた部分が赤くなるようになります。

そのまま掻き続けることで、老人性皮脂欠乏症湿疹に移行してしまいます。

老人性乾皮症の原因

歳を取ることで、皮膚から分泌される皮脂量が減少します。

また、皮膚表面の角質層が蓄えている水分量も減少してしまい、また角質層の細胞同士をつないでいるセラミドという成分も減少してしまいます。

皮脂と水分が減少することから皮膚を外の刺激から守る皮脂膜が薄くなってしまい、セラミドが減少することで、角質層の細胞間に隙間ができてしまいます。

肌を守る力が弱くなる

総じて肌を守る為のバリア機能が弱り、外からの刺激をダイレクトに受けてしまうということが原因であり、空気が乾燥することで症状が進み、多少の刺激でも痒みを感じてしまうのです。

掻くことで角質層が破壊されてしまい刺激に弱くなります。

また、掻くこと自体が刺激となり、皮膚細胞内の炎症や痒みを誘発するサイトカインが分泌されてしまい、さらに痒みが強くなってしまうのです。

老人性乾皮症の治療

何より肌の乾燥を防ぐことが大事です。

非ステロイドの軟膏での保湿が効果的であり、副作用の心配も無く使用することができます。主に白色ワセリンやヒルドイドクリームが用いられ、ヒルドイドクリームは保湿機能が高く、赤ちゃんの肌にも使用できる安心設計で高い効果が期待できます。

乾燥を防ぐことが大事

肌の保湿と共に、空気の乾燥を防ぐことも大切です。

お年寄りで熱いお風呂が好きな人がおりますが、熱いお風呂は皮脂膜が溶けやすくなってしまいますので、あまり熱いお風呂に入ることは控えた方が良いと言えます。

また、肌の乾燥を防ぐ入浴剤などもありまして、全身くまなく保湿することができます。

保湿剤を塗るタイミングが大事

保湿剤を塗るタイミングとして最も効果的なのは入浴後10分以内です。

入浴することで肌の水分量は増えますが、時間が経過することで水分量は低下してしまいます。

入浴後10分以内に保湿剤を塗ることで、保湿剤の力は最大限に発揮されるのです。

老人性皮脂欠乏症湿疹の辛さ

症状や治療方法は皮脂欠乏性湿疹と同様ですが、高齢者が発症することで重度化しやすくなってしまい、湿疹や皮膚炎が治りづらく長期化してしまう傾向にあります。

痒みは我慢することができず、掻くことで悪化してしまうのは他の湿疹を伴う疾患と同様です。
抗アレルギー剤の服用で痒みを抑えることもできます。

重度化(老人性皮脂欠乏症湿疹)を防ぐ(老人性乾皮症で治める)

老人性乾皮症は多くの高齢者が発症する疾患です。

見た目には紅斑や湿疹などの症状が出なく病院に行きづらいと思いますが、見た目にわかる症状がでてからでは、治療に時間がかかってしまうことがあります。

もちろん予防も大切ですが、症状が出た場合は早めに医療機関での診察を受けるということも、重度化を防ぐための予防と言えるのです。

状況別よくあるトラブルについて、さらに詳しく読みたい