薬・保湿

治療に欠かせないのが薬とスキンケアです。
ステロイドに対する副作用を懸念する声が良く聞かれますが、ステロイドは本当に危険な薬なのでしょうか?
薬とスキンケアに関する正しい知識を身につけ、効果的な治療を目指しましょう。

ステロイド外用薬

湿疹や炎症を治めるのに現段階で最も効果的なのが、ステロイド成分が配合された外用薬です。
塗りやすいように、軟膏、クリーム、ゲル、ローションなど様々なタイプがあります。

ステロイドの副作用

使用にあたって懸念されるのが副作用です。

しかし、医療機関や厚生労働省、日本アレルギー協会などの発表では、使用の際に用法・用量を守ることで外用薬ではステロイドの副作用は心配ないと公表されております。

用法・用量を守る

副作用を出さないためには用法・用量を守ることが不可欠となります。

そもそもステロイドには、薬の強さから5つのランクがあり、また体の箇所により使用することができる量までも決まっています。

長期利用する為の薬ではない

ステロイドは使用法が正しければ絶大な効果を発揮します。
その為長期間使用せずとも短期間で湿疹や炎症を治めることができます。

ステロイドを適切に使用するためには、ある程度の知識が必要になります。

用法、用量はもちろんですが、症状の度合いによりステロイドを使った方が良いのかということや、どの程度まで症状が治まったら、ステロイドの利用をやめ、非ステロイド系の外用薬に移行するのが良いかというタイミングの問題もあります。

医師との連携が大事

処方時に医師より、利用に際しての注意点などのアドバイスがあると思いますが、自分の体に使用する薬ですので、興味をもって話を聞き、使用してみて症状がどのように改善されるのかを医師に伝えることで、適切なランクのステロイドを処方してもらうことができます。

非ステロイド剤外用薬

ステロイドを使用していないが消炎作用のある外用薬として、プロトピック、アンダーム、ヒルドイド、コンベックなどがあります。

副作用が少ないということで、気軽に使用しがちですが、薬それぞれに副作用もありますし、接触皮膚炎を起こし症状が広がる危険性もあります。

非ステロイドとはいえ薬です

薬である以上、使用方法などは決まっています。
効果を得るためにも適切な使用方法を心がけましょう。

内服薬(飲み薬)

湿疹や炎症が全身に出た場合や、酷い痒みを抑えるのに用いられるのが内服薬です。

副作用の心配がありますので、外用薬以上に注意して服用する必要があります。

ステロイド内服薬を使用する訳

薬である以上、使用方法などは決まっています。
効果を得るためにも適切な使用方法を心がけましょう。

それは、症状がこれ以上進行すると、治療が難しい、他の病気を併発する危険性、最悪の場合は命に関わる場合などが考えられるからです。

症状に合った薬を飲む

市販薬とは違い病院にて処方される薬は、医師が症状に見合った薬を処方します。
また診察により症状意外にも体調や薬によるアレルギー歴などが考慮されます。

以前貰った薬が残っているから、それを飲むということを行っている人がいると思いますが、危険なことなので絶対にやめましょう。

保湿剤

乾燥肌や、肌を外部の刺激から守るために効果的なのが保湿剤です。

市販品なども多くありますので使い易く効果も期待できます。

予防に効果的な保湿剤

空気が乾燥してくる冬に皮膚疾患を伴う人が増加します。
肌の乾燥は発症、症状の悪化にダイレクトに関係してくるのです。

乾燥肌の人は、乾燥の度合いが強くなってくる秋口から冬に向けて、保湿剤を使うことで肌の乾燥を防ぐことができます。

接触皮膚炎の危険性

副作用とは違いますが、保湿剤でも接触皮膚炎が発症する危険性があります。
使用した部分は観察するようにし、何らかの症状が出た場合には、医師へ相談するようにしましょう。

スキンケア

外用薬や保湿剤を使うために大切となるのがスキンケアです。

もちろん保湿剤を使うこともスキンケアと言えますが、保湿剤をただ使うだけがスキンケアではありません。

シャワー・入浴で体を清潔に

体を清潔に保つことは、健康状態を維持するためにも大切なことです。

しかし、湿疹や炎症などの症状が出ている場合には、肌が刺激に弱くなっている場合が多いのでシャンプーや石鹸などには注意が必要です。

また、ナイロンタオルも泡立は良いのですが、こすることが肌に大きな刺激となることがあります。

手に泡を取り優しく洗うようにするだけでも、十分肌を清潔にすることができます。

外用薬・保湿剤を塗るタイミング

入浴することで肌を清潔にし、水分も補給することができたのに、そのまま長時間なにもしなければ意味がありません。

肌が完全に乾ききる前の、しっとりとした状態で外用薬や保湿剤を塗るのが最も効果的と言われております。

重ね塗りの危険性

スキンケアというか、外用薬・保湿剤の適切な使用方法なのですが、塗り直す場合は可能な限り洗い流してから塗るようにしましょう。

外用薬はもちろん保湿剤でも塗ってから時間が経つことで、細菌などが繁殖している可能性があります。
その状態で塗りなおしては、感染症などの危険性がありますので注意が必要です。