あせも

赤ちゃんに多くみられる「あせも」(汗疹)ですが、大人でもあせもがでることがあります。
ブツブツとした発疹が現れることから、湿疹と思われがちですが、明確には湿疹とは違うそうです。
あせもと湿疹の違いや、発症する原因などをご紹介します。

あせもの症状

プツプツとした小さな水ぶくれや、ブツブツとした小さな丘疹が現れるのが主な症状です。

全身に症状が出る可能性があるのですが、汗を多くかく場所にできやくす、首、背中、腋、腕や脚の関節部、また夏に長時間座ったままの場合臀部から太股にかけて発症する場合などもあります。

あせもの種類

あせもは症状の違いから3種類に分類されます。

小さな水ぶくれができる水晶様汗疹は、特に痒みも無く治療せずとも2,3日で症状が治まります。

赤い丘疹ができ、痒み、軽い痛みを伴う症状は紅色汗疹と呼ばれます。

皮膚が部分的に盛り上がってしまい、その部分が汗をかけなくなるという症状に深在性汗疹という症状もあります。
深在性汗疹は高温の環境にて長時間作業をする人などにみられる症状です。

あせもと湿疹の違い

ブツブツとした湿疹や水ぶくれができることなど症状には共通している部分があるのですが、湿疹の定義には当てはまらないので、明確には湿疹の一種ではないと言われています。

湿疹の定義とは、症状が紅斑、丘疹、水ぶくれ、膿疱、湿潤、かさぶた、落屑、苔癬化などの順序で進行することであり、色々な症状が患部にみられるものを湿疹と呼ぶそうです。

あせもは、水ぶくれの場合、丘疹の場合と、症状がはっきりしていることが特徴です。

あせもの原因

あせもは、皮下にある汗腺から皮膚表面まで伸びる汗管(汗の通り道)が詰まることで発症します。

大量の汗をかくことで、汗管が詰まってしまいますので、あせもの原因は汗を大量にかくということなのです。

症状の違いは汗管の詰まる深さ

皮膚表面の角質層に汗が溜まってしまうのが水晶様汗疹であり、角質層の次に深い顆粒層にて汗管がつまり発症するのが紅色汗疹です。
紅色汗疹は炎症を起こすことで赤い丘疹が出てしまうのです。

さらに深い基底層にて汗管がつまり発症するのが深在性汗疹なのです。

あせもの治療

水ぶくれを伴う水晶様汗疹は、何もしなくとも2,3日で治まりますが、さらに大量に汗をかくことで症状が広がることもありますし、清潔にしなければ急性湿疹やとびひを併発する可能性があります。

病院での治療

水晶様汗疹では、特に外用薬を出されることも無く、シャワーなどで汗を流し清潔にするように言われる場合が多いようです。

紅色汗疹に対しては、ステロイド外用薬が効果的です。

深在性汗疹も特に薬などの治療は行えず、清潔にして、涼しい場所にて休養をとることで回復が望めます。

他の疾患併発の危険性

比較的に症状の軽いあせもですが、肌を清潔にしない、掻きむしるなどの行為により、急性湿疹や、とびひなどの症状を併発して、湿疹や皮膚炎などの症状が出る可能性があります。

汗をかかないようにするのは、夏場などは難しいことが多いので、シャワーの回数を増やしたり、衣服や下着類に汗を吸収し易い素材のものを着るようにしましょう。

赤ちゃんを家にいるときだけでも裸にしている人がいると思いますが、裸でいるよりも汗を吸収しやすい肌着を着せた方が、症状は軽減されます。

赤ちゃんに学ぼう

赤ちゃんのあせも対策としてまっさきに浮かぶのがベビーパウダー(シッカロール、天花粉)だと思います。

シャワーなどで汗を流したあとに、ベビーパウダーをつけることで、肌をさらさらに保つことができます。

赤ちゃんの肌にも使えますので、刺激に弱い大人の人でも問題なく使えます。

ベビーパウダーの主成分であるタルクにアスベストが入っているという噂を聞いたことがある人もいると思いますが、製造時に検査などを行っておりますので、安心して使えます。

暑く塗りすぎても意味がありませんので、正しい使い方である薄く塗ることで効果を得られます。