湿疹・蕁麻疹

何の前触れも無く症状が全身に出て、比較的短時間にて跡形もなく消えるのが蕁麻疹(じんましん、蕁ましん)です。
アレルギーによる発症すると思われがちですが、物に触れるなどの外からの刺激でも発症することがあり、誰でも蕁麻疹になる可能性があるのです。

蕁麻疹の症状

強い痒みを伴う紅斑(肌が赤くなる)が主な症状であり、プツプツと小さな丘疹や、コイン大に肌が盛り上がってしまったり、ミミズ腫れができることもあります。

紅斑部分には熱をもつことも多く、むくみが生じることもあります。

湿疹と同様に、紅斑、丘疹などの症状が見られますが、あせもと同様に湿疹とは違います。

全身に出る症状

口の中や喉の奥などにも発症することがあり、まさしく全身に症状が出る可能性があります。

喉の奥(気管)に症状が出ると、呼吸が苦しくなることがあるので、病院での診察を受けるようにしましょう。

繰り返す症状

蕁麻疹は短時間で症状が治まるという特徴がありますが、その症状を頻繁に繰り返すという特徴もあります。

まったく繰り返さずに一度だけで症状が治まる場合の方が多いのですが、症状が長期化することもあり、1ヶ月以上症状を繰り返す場合には慢性蕁麻疹といわれます。

蕁麻疹の原因

痒みや紅斑は、ヒスタミンが皮膚に影響することで生じます。

ヒスタミンは、皮膚周辺の細胞内にある肥満細胞から分泌されます。
免疫機能が体に害になると判断した場合に、IgE抗体が肥満細胞と反応することでヒスタミンが分泌されるのです。

蕁麻疹が発症する原因としては、アレルギーである場合と、それ以外(非アレルギー)である場合とで分類されます。

アレルギー性蕁麻疹

比較的幼少期に多いとされるのが食べ物によるアレルギーです。
接触皮膚炎と同様に卵や牛乳などが考えられますが、鯖(サバ)などの青魚にて蕁麻疹が出るという人は多いと思います。

また、薬を服用することで蕁麻疹が出る場合もあります。
処方された薬はもちろん、市販薬などでも症状が出た場合には、医師に相談して、どんな成分に対してアレルギーを持っているのか確認しておくことをお勧めいたします。

非アレルギー性蕁麻疹

アレルギー反応以外でも蕁麻疹は発症する可能性があります。

また、鯖にアレルギーは無いのに蕁麻疹が出るということもあり、原因の特定が困難なことがあります。

物理性蕁麻疹

ゴムやベルトなどで締め付ける、また皮膚が摩擦を受けるなどの機械的刺激で発症する場合を機械性蕁麻疹いい、外からの刺激に対して発症する物理性蕁麻疹に分類されます。

他にも海やプールに入った際に寒さにより発症する寒冷蕁麻疹、暑さによる温熱蕁麻疹、日光(紫外線)を浴びることで発症する日光蕁麻疹、水に触れることで発症する水蕁麻疹など、刺激の種類により物理性蕁麻疹内で分類されております。

コリン性蕁麻疹

汗をかく事で発症する可能性があるのがコリン性蕁麻疹です。
運動や入浴などで発症することが多く、ストレスにより発汗し蕁麻疹が出るということも考えられております。

見た目には紅斑、丘疹という症状ですが、痒みと共にチクチクとした痛みを伴うこともあります。

蕁麻疹の治療

短時間で症状の治まる蕁麻疹では、あまり治療を行うことは少ないのですが、慢性蕁麻疹など、強い痒みが治まらない時には治療を受けた方が有効です。

原因の特定

再発させないためにも原因となる物をみつけることが大事です。
症状が出た場合には数時間以内に食べた物、行った行動などを医師に伝えるようにしましょう。

短時間で症状が治まる、様子を見ても症状が再発しない場合は、特に薬などは使用しないことが多いようです。

慢性蕁麻疹、強い症状の治療

慢性蕁麻疹や酷い症状の場合には、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服薬が効果的です。

外用薬は局所的に出ている場合は、かゆみ止めなどで痒みの軽減は期待できますが、全身に症状が出ている場合には、外用薬ではあまり効果は期待できないようです。